本音コースお客様 骨格診断・カラー診断・顔タイプ診断&ヒアリング

おはようございます☼

 

似合う・好き・なりたい自分を大切に

するために、

 

〇自分に似合う服、コーディネートのバランス、心地良く感じるサイズ感、着やせ効果・バストup効果、ウエストとヒップの比率が一番綺麗に見えるアイテム選びなど自分自身のスタイルを総合的に魅力的に魅せることが出来るファッションを診るのに欠かせない骨格診断

〇似合う色・好きな色・求める色・求められる色とカラーを活用できるようなパーソナルカラー診断&セッション

〇自分の秘めた思いが引き出される感情の部分にスポットを当てたヒアリングで自身の根っこの部分と表面化している建前上のところとを明確にし、自分という軸が引っ張られないスタイルってどういう感じなのか?を紐解いていく

 

の3本の柱で自分らしいファッションを御提案しています。

 

 

chanceの十愛です(^^)

本日もブログを訪問してくださり誠にありがとうございます♪

 

 

先日の祝日に当たる23日午後の部は

本音コースお客様O様の骨格診断・パーソナルカラー診断・顔タイプ診断&ヒアリングをさせてもらいました。

 

 

 

以前させてもらったお客様のご紹介ということもあり

あらかじめ、色々とお話をお聞きいただいていたようでした♪

 

 

お受けいただくきっかけとしては

今の着ているモノに迷いがあって、

自分に似合う感じってどうなんだろう?

と思っていたときに骨格診断やカラー診断のことを耳にしたこと。

 

O様、お仕事は私服なので

仕事場のスタイル、そこのコンセプトに合うテイストに寄せながらの自分らしい似合うファッションを知りたいなとおっしゃっておりました。

 

 

 

 

骨格診断・・・ウェ―ブタイプ

パーソナルカラー診断・・・スプリング

顔タイプ・・・シンプル可愛い×正統派

のO様。

 

垢抜けファッションのポイントは、

エレガントな辛口スタイルにフェミニンな要素を少し加えたスタイル

です。

 

女性らしい華やかなアイテムを身につけると

よりエレガントな印象に。

 

シンプルな着こなしでは物足りない印象になりがちなので、

とにかく足し算することを意識してもらいます。

 

ウェ―ブタイプは

身体の質感が柔らかく、身幅が薄くて筋肉のつきにくい華奢な体型です。

 

細くてくっきりとした鎖骨、

くっきりと浮き出た肩甲骨、

首から肩にかけてのラインがなだらかで長め

といった特徴があります。

 

全身のバランスとしては、下半身にボリュームが出やすい下重心。

なので、体重が増えても上半身は華奢なままという人が多いでしょう。

 

御身体の特徴から

年齢を重ねても甘いテイストを無理なく着こなせるのです。

 

似合う素材の質感は、

柔らかいもの、透けるもの、伸びるものが似合います。

 

柔らかい綿、柔らかいウール、柔らかいカシミヤや

シフォン、ベロア、ベルベット、ナイロン、エナメル、スウェ―ド、アンゴラ、モヘア、ファンシーツイードなどがおすすめ。

 

この時期のニットであれば、

編み目の細かいハイゲージニットで薄くて柔らかさを感じるものから

ローゲージニットもふんわりとしたモヘア素材のものならお似合いです。

 

厚みのあるしっかりしたニットではなく、柔らかい質感ということがポイントですね。

 

似合う形は、

身体にフィットするタイトなシルエットまたはふんわりとしたエアリーなシルエットも似合います。

 

全体がゆったりとしたシルエットだと締まりのない印象になりがちなので、

トップスかボトムスのどちらかがゆったりならもう一方をタイトにする、あるいはウェストをベルトマークするなどして、メリハリのあるラインを作るのがスタイルアップの秘訣です。

 

胸の下で切り替えなど重心の位置を高く見せてくれるデザインもオススメの1つです。

 

 

 

<トップスで気をつけること>

 

〇首元は、横長にあいたネックライン(ボートネック、丸首、ホルターネック、オフショルダーなど)がお得意

→くっきりとした鎖骨を見せられます。また、開き方の浅いカシュクールになっているものもウェ―ブタイプの胸元を上品にみせるのでおススメ。

 逆に縦長に開いたネックラインは、間延びした印象になるので避けた方がよい。

 

〇寒い時期なら、オフタートルネック、タックドネック、フリルカラー、ドレープカラー)

→胸元の薄さをカバーし華やかな印象にしてくれる柔らかくてボリューム感があるものがお得意です。

〇袖丈は、華奢な二の腕や手首を見せてくれるような七分丈、ノースリーブ、袖に装飾のあるようなパフスリーブ・フレンチスリーブ・ベルスリーブなどがよく似合います。

〇着丈は短めでコンパクトな方が得意

〇貧相に見えないか?をチェックする。特にシンプルベーシックな服はそう見えやすい。

〇厚手でラフな素材は体操服のようにダサく見え、服に着られた印象になるので注意

 

 

<ボトムスで気をつけること>

 

〇スカートなら、セミロング丈、膝下丈、ミニ丈

→特に太腿の比重が細いので、バランスが良く見えます。

〇ヒップがなだらかなラインなので、フレアスカート、プリーツスカート、コクーンスカート、ハイウエストスカート、マーメイドスカートがお似合いです。

また、ダーツの作りに丸みのあるタイトスカートも似合うので、お似合いのスカートのバリエーションが豊富で色々なデザインを楽しめます。

〇パンツなら、スリムパンツ、テーパードパンツ、ブーツカットパンツ、フレアパンツなどがおすすめ

〇パンツの丈は、脚を見せる軽やかなデザインのクロップド丈がお得意です

〇実際よりも脚が短く見えないか?ウェスト位置を高めにしないと下重心が協調されてしまうので、特にパンツの際には注意が必要

 

 

 

 

お似合いのアイテム例として、

 

トップスならこちら↓

写真のトップス面々は、

O様とのお話の中で実は好きで買いに行かれるお店の1つである

フレンチスタイルのブランドさんのもの。

 

ネックライン、袖筒やウェストから裾にかけてのシルエット等のサイズ感が

身幅の薄いウェ―ブタイプの方にフィットしやすいのですよ♪

 

 

他、こちら↓

ゆったりしたシルエットではありますが、

前後の身幅が広がりすぎないサイズ感且つ袖がバルーンスリーブになっていること、

オフタートルネックになっていることからもO様にフィットするニットだと判断しています。

 

 

 

 

ボトムスならこちら↓

 

先程のフレンチスタイルのお店より。

スカートならこういうタイプがお似合いの例です。

 

 

パンツならこちら↓

これもフレンチスタイルのお店より。

ウェストの位置、ヒップ~太ももにかけてのデザインがまさにウェ―ブタイプにピッタリ。

 

 

 

他、パンツスタイルのお似合いスタイル例としては↓

 

写真左は、スリムなデニムパンツにファーのコートを合わせたエレガントなスタイル。

写真右は、ハイウエストに切り替えているサスペンダー付きのパンツをトップスに重ね着したスタイル。

 

 

また、カジュアルな印象に着こなしたワンピーススタイルの例としては↓

写真左は、ボディコンシャスでピッタリと身体にフィットするニットワンピースに、

重心を高く見せるウェストバッグ+柔らかめのライダースを羽織った辛口ウェ―ブスタイル。

 

写真右は、ふんわりとコンパクトなサイズ感のショート丈ダウンに柔らかいイメージのニットワンピースを合わせた甘辛なウェ―ブスタイル。

 

 

 

 

※画像はすべてお借りしています

 

 

 

 

ご自身の軸が揺れ動いていたというO様。

 

これを機に少しずつ自分らしい根っこを張って自信を持ってやっていけたらいいなと思っています(^^)